スケジュール管理の方法

バナー

スケジュール管理の方法

仕事をする上で、スケジュール管理は重要です。

スケジュール管理ができていないと、効率よく作業することができません。



スケジュール管理は、以下のような方法で行います。まず、1ヵ月の作業内容を書き出します。

書き出したら、作業の優先順位を決めます。

締め切りがある仕事を最優先しましょう。

次は、それぞれの作業の中間日を決めます。

作業の日程を日割りで考えるのは難しいですが、中間日は設定しやすいからです。
そして、それぞれの作業ごとにかかる時間を想定します。
これは、かなり大事な作業です。

待望のNAVERまとめ情報サイトの利用価値をご存知ですか。

この作業をしっかりすることで、どこに注力すればいいかが分かります。

ここからは、具体的な作業になってきます。


まず、中間日までの作業内容を決めます。
作業内容が10あるとしたら、中間日までに6を消化する設定にしましょう。


前倒し気味にしておけば、中間日までに目標が達成できなくても問題ありません。
その後は、中間日までの作業と、中間日から締め切り日までの作業を日割りで決めます。

そして、ここで重要なのが「全部の予定にスキマ時間を作っておく」ということです。

すべて予定どおりに行けばいいのですが、急な仕事が入って来ることもありますし、思ったより仕事量が多かったということもあります。

スケジュールの管理はとっても評判が良くて有名です。

そんな時でも、スキマ時間を設定しておけば、臨機応変に対応することができます。


ここまでできたら、全部の作業を前倒しで進めていきましょう。


前倒しにしてマイナスになることは、まずありません。