ギターの先生の求人はほとんど無い

ギターを弾くのが得意な人にとってギター講師として仕事をしたいと思うことがありますが、実際こうした仕事を探してみると思った以上に求人がないことに気付きます。

ギター講師の求人がある職場は専門学校、音楽教室、音楽スタジオの3つが主流です。この中でも専門学校の先生になるためには一つの条件としてその専門学校の卒業生であることが条件になっているケースが多いです。

音楽教室の場合は誰でも求人を探して応募することができますが、採用に関しては経験が非常に重要であり、音大を出ているなどメリットを持っていなければライバルに勝つことが難しいです。

音楽スタジオで定期的にレッスンを行っているスタジオがありますが、これが一番敷居が低いです。しかし、本格的なところは音楽教室と同じようなニュアンスになってくるので、一気にハードルが高くなります。

ギターの先生の求人募集はインターネットから探すと割と見つけやすいですが、一番厄介なのはライバルが多く採用が非常に難しい点です。しかし、芸術の世界は実力の世界でもあります。

どんなジャンルのどんな楽曲でも完璧に弾くことができるくらいのレベルがあれば、採用を狙いやすくなりますが、そうでなければ厳しいです。

簡単に言うと、有名なギタリストやプロミュージシャンと同等に渡り合えるくらいの演奏力がないと、正直魅力がないと判断されます。理論なども大事ですが、ギターは演奏がうまければ何とでもなります。

DODAについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です